2017年06月

 俺は思い返して思わず苦笑する。  そして、ふと思う。  果たしてあの一つ目妖怪はどうなったのか、と。  だがそんな疑問はすぐに火照った身体を優しく撫でて去っていく春風に乗せて、空の彼方へ吹き飛ばした。  考えるだけ無駄だからだ。結果的に逃げ果せた今となっては、それは最早知る由もない事である。なぜ一つ目妖怪が視聴覚室(あの場所)に居たのか、いつもそこに居るのか、偶々居ただけか。俺いし、調べる術もない。そもそも妖怪とは突然現れ、突然去っていく、自由気ままで理不尽な輩である。それを俺は嫌と言うほど思い知らされて生きてきた。だからこそ、その結論に至るのだ、考えるだけ無駄であるという結論に。  大体、知ったところで何かがどうなるわけでもない。仮にあの一つ目妖怪が視聴覚室に常駐していたとして、俺に奴をどうにかできるような力は無い。かと言って「君子危うきに近寄らず」ではないが、再び襲われる危険性を考慮して、暫く登校を控えるなんて我が儘を通す地位も権力も持ってはいない。要するに俺が今後取る行動はその結果が如何なものであろうとも変わらず、今まで通り学校には通わなければならないし、そこで生活しなければならないのである。そうした俺の都合の観点からも無駄であろう。  幸い、今回は事の顛末を他の生徒や教師といった他人に見られずに済んでいる。実害なんてものは俺が小便チビりそうなくらい怖い思いをしただけという一時的なものしかなく、学園生活における不都合は生じていない。被害は最小限に抑えられ平穏な学園生活を守るという本質は失っていないので、済んだ事と割り切るのが得策だ。下手に深追いして本末転倒になっても事だからな口服 避孕 藥。  であれば、強いて俺が出来る事といったら、金輪際あの一つ目妖怪との関わりを持たぬよう願う事くらいであろう。よって、当面はそうならないよう自ら望んであの視聴覚室に近づこうとしない事、怪しい声を耳にした時はまず周りの人間の反応を確認する事、以上二点を徹底すると定め、今回の考察と反省を終える事にした。  まあちょうど過重労働を強いられグロッキー状態だった心肺機能も落ち着きを取り戻してきた事だし頃合いだろう 避孕方法。  かくして、考え事もなくなり体力も回復してきた俺。周りの景観に目を配るくらいの余裕も出てきたので、改めて周囲を見渡してみる。時間帯故か参拝者こそ居なかったが、改めてそこがそこそこ立派な神社だと知る。境内は拝殿のみならず狛犬や灯籠、その他もろもろまで年季と手入れが同居しており、そこから醸し出される貫禄のようなものがひしひしと感じ取れるのだ。この辺ではそれなりに名の通った神社なのではなかろうか。  どうやら俺の取った行動は正しかったと言えそうだ。経験に基づくに、格式高い神社ならば、そう簡単に妖怪は入って来られない筈だからな。仮にあの一つ目妖怪が実はすぐそこまで俺を追いかけて来ていたのだとしても、ここならばやり過ごせそうだ避孕方法。  てなわけで、神社の外で一つ目妖怪が彷徨いている可能性も考慮して、俺はそのほとぼりが冷めるまでここで暫く時間をつぶす事にした。  ただボケっと座り込んだまま待つのもなんなので、俺はゆっくりと立ち上がると、拝殿の賽銭箱に歩み寄る。どんな神様が祭ってあるのかは知らないが、ほんの少しとは言え居座らせてもらう身、礼のひとつも言っておこうと、大層に言えばそんなところだ。まっ、実のところは神社に来たので折角だからお参りを、という日本人気質が顔を覗かせただけだったりするが。

生命是值得欽佩的,是值得讚揚的,是值得歌Neo skin lab 美容騙子 頌的。總以為自己足夠悲慘,才知道,在自己小小世界以外,還有那麽多的事沒有經曆。人,總是隻有經曆過後,才會懂得許多的事,才會明白那些曾經引以為傲的事,也隻不過過眼雲煙。

今天看了《唐山大地震》,不知道該怎麽形容此刻的心情,不知道,該用什麽樣的詞語來表達內心受到的震撼。生命真的很脆弱,而人與人之間的感情,卻不是距離,誤會,無奈,現實所能消散的。我不知道如果自己是王登,是否還能像她一樣,在那麽多年以後,因為自己的內心,而錯過那麽多年的親情,而傷害了那麽自責的母親而感到悔恨?我想我會的,我想每個人都dermes 激光脫毛會的,親情,是什麽都阻隔不了的。

母親的愛,不是地震,不是抉擇所能折損的。我還是個孩子,所以我並不懂的,那樣的抉擇對一個母親來說意味著什麽。但我可以肯定,做出那樣的選擇,是經過多麽痛的掙紮,是經受了多麽大的煎熬。不管是親情,愛情,還是友情,珍貴的感情,是什麽都磨滅不了的。就像王登的爸爸,為了救妻子,為了救孩子,就那麽逝去。就像王登的養父,對一個收養的孩子視如己出,給了她每個父親都會給予的愛。

我是個感性的人,看到這些,我會難過,我會流淚,我會想到為了這個家,為了我和哥哥努力拚搏的父母。想想自己每次生氣就會衝媽媽發脾氣的自己,無時無刻不寵著自己的爸爸。再想想自己那些幼稚的舉動,真的好後悔,真的,好不該。當所有人都拋棄你的時候,你的親人不會放棄你。所以,請善待每個珍惜你的人,特別是你的爸爸媽媽。不要在最後,才哭著為曾經的不HKUE 傳銷懂事而悔恨。

不再是小孩子的我們,需要學會成長,需要懂得責任,需要明白,什麽是感恩。

最後要說一句:我最愛的爸爸媽媽,謝謝你們給了我生命,謝謝你們讓我成長。我愛你們。


原文地址:http://www.duanwenxue.com/article/541010.html


痛苦比快樂更普遍的充斥著人生,痛苦比快樂更能體現人生。快樂是短暫的,甚至是虛構的,而痛苦則更為現實和持久地存在著。痛苦更能使人感悟生命,實現生命的價值。
生命誕生,就意味著痛苦的伴生。小時候痛苦著要長大,長大了痛苦是要成熟,成熟後又痛苦著年輕的拼搏無懼,而老年人則痛苦著傾向於童年,常做出兒童的舉動。生命的欲望,產生痛苦。小欲望產生小痛苦,大欲望產生大痛苦,欲望不止則痛苦不止。而人是有欲望的動物,沒有欲望則人不成其為人。所以人是充滿痛苦的,沒有痛苦的人也就不成其為人。少小離家是痛苦,情場失意是痛苦,功名無望是痛苦,買賣不利是痛苦,知已難遇是痛苦,老來喪子更痛苦。“問君能有幾多苦,恰似一江春水向東流。”試問:閑愁都幾許?一川煙草,滿城宮絮,梅子黃時雨。就連珍珠也是痛苦圍繞沙粒建造的殿宇。往者尚未諫,來者還要追。彼情可待成追憶,直到今日仍惘然……最終無論是誰,他都不得不承認,人生的所有存在都是痛苦。
那麼快樂呢?錢鐘書先生的比喻是:快樂在人生裏好比是引誘小孩子吃藥的方糖,更像是跑狗場裏引誘狗賽跑的電兔子。快樂只不過是人生的誘餌而已,它永遠也不會成為人生的主角。我們常說的“永遠快樂”這句話,不但渺茫的不能實現,而且荒謬的不能成立。快樂的絕不會永恆。說永遠快樂就好像說四方的圓形,靜止的動作一樣自相矛盾。要永久就向痛苦裏去找吧。
但是人生雖然充滿痛苦,卻並不悲觀。正是因為有了這受之不盡的痛苦,人的精神才最大範圍的得以解放。痛苦磨練人的意志,痛苦解放人的心靈,痛苦激發人的生機,痛苦增強人的生命力。而人正是在痛苦以及征服痛苦的戰鬥中,才最高限度的享受了生命。
人的生命力取決於人所承受的痛苦的份量。生命力強盛的人正是在大痛苦來襲時顯得格外的振作和歡快。英雄氣概就是敢於面對最高痛苦和最高希望。熱愛生命的人會比別人感受到更多的痛苦,同時也感受到了更多的生命之歡歌。因此尼采說:與痛苦對抗是最有趣的事情。人活一世,誰也不願白走一遭。因此基於休悟生命之意義,實現生命之價值,人活著是痛苦好!

↑このページのトップヘ