2016年04月

泛黃了的照片,依舊淺淺的微笑,清秀的字跡,戳痛眼角的濕潤,餘溫已冰涼,註定她生為她夢。

月夜多淒涼的美,已不是你給的溫柔,卻是這一般的寂寞,思念勾勒的美,不再有親吻時的心跳,偶爾,閃過你的容顏。

試著忘記,但那卻是回憶,舊舊的,不經意,卻又浮現眼前!今生,,她生,永世的回憶,像整個世界那麼沉,我卻背負著它!

偶爾嘴角微微笑,我和你看過最美的黃昏,一起度過最漆黑的夜,一起走過最長的路,那最美的時光,彈指間,卻是那遙遠的時代!

這城市霓虹閃爍,車水馬龍,喧囂徹夜不止,我的心如此安靜,泛不起一絲漣漪,某個角落,似曾相識的感覺,一聲車喇叭,夢清晰易碎!

陰天安靜的落幕,這寒冷漆黑的夜,回憶裏的溫暖,手機裏迴圈播放的,都是我們曾經聽過的歌,熟悉的旋律,陌生的地點,一個人,終於一個人,又過完一年!2014

不再像從前那麼愛笑,丟給時光憐憫,閉上眼睛,確實變了,舊舊的時光,我卻不是從前的自己!夢裏花落,又是幾度春秋的惆悵!

暮雨瀟瀟人也瀟瀟,光陰裏,錯過的那一抹影子,訣別在蜿蜒曲折的山路,忘乎所以的淚水,不是那一個年紀,梔子花,白花瓣的愛情。沒落的小城故事,靜靜躺在回憶的河,撐著一只回憶的船,遊蕩著!回眸一笑,往昔如夢,若忘情,若忘愛!

那裏天藍藍,水清清,漫山遍野都是綠,過了兒時的年紀,終究不知道夢在當時,悔不知珍惜。那裏沒有徹夜通明的路燈,只有靜靜地黑夜,星星點點,那裏沒有柏油馬路,只有崎嶇坎坷的山路。小時候走起來很長的路,長大了,路就變短了。我們埋葬了小學時候作文裏,幾行歪曲文字寫的理想,或許那時是對老師佈置的作業的敷衍,可誰的心裏都明白,有幾分認真。我們慢慢的與最初的理想背道而馳,或許慢慢的我們都不記卓悅Bioderma得當時寫的是什麼理想。

穿梭在每個城市的記憶,似乎忘了自己走了多久,或許留戀過的人事物,後來都會成為心酸,成為默默的淚水,流在心裏!

冬陽向暖,寒風凜冽的刺骨,這一年2015,又僅剩下短短的六十個多個黎明和黃昏!握不住的大好時光,匆匆忙忙,劃過指尖的微涼,隨風輕輕的漂,輕輕的夢,有些人,永遠的活在了記憶裏。

曾經的無憂無慮,被歲月滴水穿透,這一個年紀卻模糊了往日時光的純真無邪。曾也幻想手握著畫筆,畫一個自己嚮往的世界。也想抱著吉他,彈卓悅Bioderma著動聽的和絃,哼著小曲,就坐在那棵老樹下。聽著風聲唰唰的吹,樹葉慢慢的飄落,與世無爭。

一切如夢似幻,如果不願醒,就躺在夢裏。讓夢帶著四處遨遊,直到你知道夢是屬於你,而不是你屬於夢。或許你終究可以駕馭你的夢!m_14_634802367214062500_42041180

我們總喜歡抱怨遇到這樣那樣的不美好,直白的說,這就是因為我們的心境不夠平和,造成我們無法平淡處事。
20140711102005836

一份憂慮,就會造成一步失誤。一份不計後果,就會多出一些麻煩。那麼,我們應該如何去擁有一顆平和的身心?擁有處事淡然的性情?

對於我來說,假期是無聊的,這種無聊會催使我帶上一本書,帶上MP3,騎著單車,到河邊的那棵梨花樹下閱讀一小會兒,以我看來,這屬於一種享受。

潺潺而清涼的河水,柔和而輕快的音樂,妙不可言的文之墨韻,這些Reenex 好唔好都會伴隨著淡雅的花香物語,浸入我的心中。

一方自然的禪之意境隨之悄然構成,我會隨和的,將身心寄屬於這方空靈的意境中。緩緩的讓自己平靜下來,感受其中上善若水的禪意,最終讓身心得到一次完美的蛻變,如此一來,我的心境也就漸漸的趨於平和了。

一位喜歡對山水寫生感悟的朋友說:“一個人的性情要變得高潔平和,需要的就是讓身心在這種自然意境中經受蛻變。讓自身的情調昇華,讓心靈接受洗禮,並凝聚成自己的個性,綻放出深意而平和的理性光輝。”聽了這話,我深感與大自然契合的身心是多麼的悠遠平和。它不會被繁瑣的事物影響,還能夠自然的展現自己平和reenex cps好唔好 的性情。

若是能夠將這些獨特的性情光輝播撒向他人,也許就可以指引一部分在迷途絕望的人,讓他們進一步看到人性的美好,更加平和的面對生活,迷途知返。有很多偉人亦是如此,就好比貝多芬,海倫凱勒,他們無不是以平和的心態面對挫折與苦惱,經歷無數坎坷,最後獲得了成功。我想,平和的身心需要自己去培養,簡單的說,多散散步,多看看書,多微笑,這也就是在從細節培養更加平和的性情。

我的好多朋友會因和知心朋友發生了矛盾而苦惱,他們只是一個勁的說好煩。不斷埋怨對方,還會向我吐露,他們和對方的感情不 一般之類的話語,埋汰對方竟然會因那麼一點小事而生氣。他們卻完全不會理性的,以平和的心態去審視下自己,更別說在一時主動承認自己的錯誤。之後,他們就 會因為這事糾結一整天,到頭reenex 好唔好來還是會自己去給對方承認錯誤。想想,這是何必呢?既然是知心朋友,那有什麼不可以用心意去解決呢?那又是為什麼不早點說聲抱 歉,問清楚緣由呢?這樣也好用多餘的時間反省一下,讓自己的性情改觀一下啊!說到底,這還是得怪自己的身心不平和啊!

平和,能用輕柔的意境投影;心境,能用理性的光輝改變;苦惱,能用真摯的話語消除;焦躁,能用悠然的心態撫平。所以,根據所處境地的或好或差來陶冶情操,好好審視自己。



1_130522174201_1
「合格だってさ」
 悦嗣の隣に英介が座る。
「何が合格だ。おまえ、わかってんのか? 俺は素人同然なんだぞ。立浪の名前まで出しやがって。いつの間に、そんな小賢しい真似、覚えたんだ」
「エツ」
 もう一本、煙草を咥えて火を点けた。
「おまえはいつも、俺の欲目が過ぎるっていうけど、」
 英介は悦嗣の口からて、灰皿に突っ込む。
「彼らがおまえで良いって言ってるんだぞ。ずっと友達やってる俺じゃなく、プロが言ってるんだ。少しは自分の評価を上げろよ。弾けてたじゃないか」
「あれが弾けてたって言うか」
 ケンカ腰のタッチだった。途中で止まるものか…という意地で、ただ弾ききった。あれ以上、英介の困惑した顔を、見たくなかったからだ。
「とにかく、早く代わりをあたれ。義理は果たしたぞ。おまえの超過大評価に対しても、教授の恩に対してもな」
「エツ」
 飲まなかった缶コーヒーを英介に突きつけるようにして渡すと、悦嗣は立ち上がった。
「もうこの話は終わりだ。俺は帰って寝るからな!」
 そう言うと足元に置いた商売道具を抱え、エレベーターの方へ踏み出した。

 加納家の末っ子?夏希は、玄関のドアを開けようとした時、離れのレッスン室に灯りが点いていることに気がついた。
 腕時計を見ると、十時を回っている。生徒が来ているはずがなかった。
「ただいまぁ」
 それでは母が指ならしか何かしているのかと思ったら、居間の方からその母の声が秋薑黃 功效返ってきた。
「お帰り。遅かったわね。ごはんは?」
 居間に入ると、父と母が仲良く並んでテレビを観ていた。
「食べてきた。レッスン室、電気点けっぱなしだよ」
「エツが使ってるのよ」
「エツ兄が? 調律に来てるの?」
「弾いてるのよ。夕方からずっと。自分とこじゃ、防音になってないとかなんとかってね」
 母は時計を見やると、立ち上がってキッチンに入った。
 トレイにマグカップを一つ置いて、コーヒーメーカーに残っているコーヒーを注いだ。
「エツ兄がうちで弾くのって、卒業以来じゃない?」
 夏希は自分のマグカップを戸棚から取り出すと、母の前に差頭風中醫し出した。
「そうなのよ。今、英介君が帰国してるって言うから、刺激されたのかしらね」
「ふーん、これエツ兄の? 私、持ってく」
 母が持ち上げたトレイに自分のカップを乗せて引き取ると、夏希は居間を出た。
 加納家は少子化の現代では珍しく、四人きょうだいである。上三人が男――悦嗣は二番目――で、皆、独立して家を出ている。末の夏希は両親待望の女の子で、悦嗣と同じ月島芸大に在学中。器楽科で弦楽(チェロ)を専攻している。

↑このページのトップヘ