国境なき医師団(MSF)は、アフガニスタンの首都カブールで5月12日に何者かによって襲撃され、助産師1人と16人の母親が殺害されたダシュ・バルチ産科病棟での活動を終了し退去すると発表した。襲撃では7歳と8歳の子ども、そして現場に居合わせた6人も命を奪われた。犯人や襲撃の動機は現在も不明だが、母親や新生児、医療スタッフが意図して狙われ、同様の攻撃が今後も起きる可能性があるため、今回の決定に至った。
無國界醫生香港

ダシュ・バルチ産科病棟で生まれた双子を抱く女性=2019年撮影 🄫  Sandra Calligaroダシュ・バルチ産科病棟で生まれた双子を抱く女性=2019年撮影 🄫 Sandra Calligaro

奪われる医療アクセス 100万人に影響

無國界醫生香港
ダシュ・バルチ産科病棟でのMSFの活動終了は、この地域で暮らす100万人余りに影響を及ぼす。そのほとんどは、歴史的に社会から取り残された貧困層であるハザラ人で、数十年にも及ぶ紛争で避難してきた人も多い。ダシュ・バルチ産科病棟は2019年には約1万6000件の分娩を介助。MSFにとって世界最大級の産科プロジェクトであり、活動中止は苦渋の決断だった。妊産婦と新生児死亡率の高いアフガニスタンで、武力によってMSFを活動中止に追い込んだ襲撃者は、地域の女性と新生児から必要な医療を奪ったに等しい。

産婦と子どもへの非道な攻撃

「ダシュ・バルチでの活動は危険を伴うことは分かっていましたが、弱い立場である出産間近の女性や赤ちゃんを攻撃する人がいるとは信じられません」とMSFのティエリ・アラフォール・ドゥヴェルジェ事務局長は話す。「しかし実際に事件は起き、私たちは現実を受け入れなければなりません。いくら病院の壁を高く、警備の扉を厚くしようとも、襲撃が繰り返されれば防ぐことはできず、またもや命が犠牲となるでしょう。再考の余地はありません」

この恐るべき事件から1カ月後の現在も、首謀者について分かっていることは少ない。アフガニスタン当局は、「アフガニスタン・イスラム首長国」と自らを称するタリバンを告発したが、タリバンは反論し、告発そのものを非難した。一方、複数の外国政府代表が、「イスラム国」の過激派グループ、ホラサン派の可能性を指摘している。事件の首謀者は不明だが、産科施設が非道な暴力の的にされ、患者、医療従事者、人道的活動が犠牲になったことは明らかだ。この地域に住むハザラ人と援助団体はこれまでにも一連の攻撃を受けており、この攻撃を独立した事件として放置することはできない。

今後も現地への支援方法を模索
無國界醫生捐款
MSFは6月15日、現地で働くスタッフ、アフガニスタンの国家保健・医療当局や協力関係にあるパートナーに活動終了の決定を通告した。安全を担保するためダシュ・バルチから退去するが、MSFは今後も継続して現地スタッフに、心のケアなど必要な支援を提供する。また亡くなった患者の家族への支援、地域の医療アクセス向上に向けた地元の取り組みをサポートする方法を模索している。

過去16年間にアフガニスタンでは、MSFスタッフやMSFの医療活動で治療していた患者など、合計70人余りが殺害されている。特に悲劇的な例としては、2004年にバドギース州で5人のスタッフが殺害された事件や、2015年10月に米空軍がクンドゥーズ州にあるMSFの病院を空爆し、42人の患者やスタッフが死亡した事件などがある。

MSFは2014年より現地保健当局の協力の元、カブールでも特に人口の多いダシュ・バルチで無償の産科・新生児ケアを提供していた。病院は24時間無休で稼働しており、地域の医療ネットワークと連携してハイリスク出産に対応していた。MSFは1980年よりアフガニスタンで活動しており、今後もカブールやホースト州などで多岐に渡る援助活動を続けていく。

関連する提案

MSF、ベイルートでの爆発を受け医療援助を開始

10

乾燥肌の人の場合は、毛穴が小さくかつ硬いので、少しの量の皮脂によってもすぐに目詰まりします。 乾燥肌はオイリー肌と同じでニキビができやすい環境なのです。 肌の防御システムの機能が低下していますので、外部刺激に対して脆く、すぐに肌荒れ(生活を改善することが何よりも大切でしょう)がおきてしまう状態でもあります。ニキビや肌トラブルを防止するためにも、正しいスキンケア(ある人にとっていい方法が自分にも効果的だとは限りません)して方がいいです。密かな流行の品としてのスキンケア(ある人にとっていい方法が自分にも効果的だとは限りません)家電があります。
時間に余裕がある時いつでも自分の家で、フェイシャルコースをエステで経験する時にも似た肌メンテナンス(定期的に必要となることが多いでしょう)だって難しくはないのですから、チェックを入れる人数が多いのも頷けます。 商品を手に入れたのだとしても毎回使うことが億劫になってしまうことだってあります。 実際に商品を買ってしまう前に、保濕護膚継続して使うことが可能かどうかも確認すれば、後悔することはありません。辛うじてでも若々しくいたいと思うのは女性であれば程度同意して頂けることだと思います。 実際の年齢とくらべて若く、とまでは言いませんが、予想どおりエイジングケアは意識しつづけたいものです。 昔からよく使われてきた馬油は・菌を殺す力が強く、血の流れを促進する効果もあり、シミ、シワを消す効能が期待できるらしいです。
基本的に朝は時間に余裕がないので、お肌の手入れの時間が十分ない人も少数ではないと思います。朝の一分は、すさまじく貴重でしょう。 しかし、朝のスキンケア(ある人にとっていい方法が自分にも効果的だとは限りません)をちゃんとしていないと、ゲンキな肌を一日中保てません。 一日を楽しいものにするためにも、スキンケア(ある人にとっていい方法が自分にも効果的だとは限りません)は、朝きちんと行いましょう。 敏感肌の人の立場からすれば、乳液の材料は気になるものです。刺激がはなはだしいのは避けたほうが賢明ですね。どうにか使用しても、ますます肌がガサガサになってしまっては閉口します。敏感な皮膚用の乳液も見受けられるので、それを使うとより良いかもしれません。敏感肌の種類も人によりけりなので、自分に合った乳液を見定めるのが肝だと思います基礎化粧品で最初に使うブランドのものは自分のお肌にマッチしているのか不明なので、利用するのに少し心的負担があります。店頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)でのテスターなどは不明なこともありますから普段より少し小さいサイズで、お得なトライアルキットがあったならば非常に嬉しいです。 熱いお湯で洗顔すると必要な皮脂も洗い流してしまいますし、洗えていない残り部分があると肌の潤いを奪い、ニキビなどの肌の悩みを作ってしまうので気をつけなければなりません。洗顔が終われば、すぐに化粧水を勿体がらずに使い、丁寧に肌に押し付けるように吸い込ませ、絶対に乳液を塗り、水分が出ていかないようにして下さい。他の部位より乾きやすい目元、口元などは、少し厚めに塗るようにします。お肌のお手入れをちゃんとするかしないかで、肌の手入れの効能の差が大聞く感じられてきます。 メイクがきちんと決まるかもお肌の調子で決まってくると思います。 パパ募集サイト お肌の状態をきちんと保つためには、きちんとケアをすることが大切なことだと思います。ちょくちょく洗顔をして肌の皮脂が足りていない状態になると、足りない皮脂を埋めようといっぱい出すようになるのです。 顔を洗いすぎると、肌が乾燥状態になり、より多くの皮脂を出してしまいますから、洗顔は適度を守るようにして下さい。洗顔の後は化粧水でしっかりと水分補給することを忘れずおこなうことこそ重要です。常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌の乾いてしまうのを未然に防ぐために、いつも洗顔をした後は直ちに化粧水をつけてから、ゆったりと入浴を楽しんでいます。 けれども、真冬の季節は化粧水を塗ったのみでは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水プラス保湿美容液も充分に塗ってお風呂に入っていますが、これを実際におこなうようになってから乾燥肌がとても改善されてきました。

相關文章:

お気に入りのスキンケアアイテム

12 (1)

癌の出現は人の健康に深刻な影響を与える。 がん予防の正しいアプローチをしないと、健康を脅かして初めてがんが発生することがあります。 また、がんの発症は痛みがないわけではなく、多くの有害症状が出ていることが、がんが来る前兆かもしれません。 そのため、顕著な身体の変化や頻繁な副作用症状に気づくことは、がんの到来である可能性があり、すぐに治療を行う必要があります。

がんはどこからともなくやってくるものではなく、この5つの症状は、警告かもしれません。

では、がんの到来を示すように見える症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

1.大きな体重の変化

健康でいる人は、一般的に体重があまり変わらない。 一部の人は、学生が短期間で体重を減らすことができ、過剰な減量のパフォーマンスを持っていることがわかります。 この開発だけでなく、発生は、来ている癌の信号かもしれません。 がんの発症時には消化不良になりやすく、栄養素の吸収が妨げられることがあります。

また、がん細胞は、がんの発生時に体から提供された栄養素を吸収するため、通常、がんを予防する必要がある人に発生する体重減少につながる可能性があります。

2.局所的な痛み

がんの発症中は、痛みがないわけではありません。 多くの人は、局所の悪性腫瘍が大きくなっていることを示す「がん」の部位に痛みを感じることになります。 がん細胞の増殖に伴い、腫瘍の大きさが大きくなり、腫瘍の体積が大きくなると局所の圧迫感が増し、激しい痛みが出やすくなります。 そのため、体の特定の部位は常に不可解な痛みを感じ、その痛みがどんどん明らかになっていき、それが癌のサインである可能性があります。

がんは突然そこにあるわけではない、この5つの症状は、あなたに気づかせてくれるかもしれません。

3.表在性リンパ節腫大

表在性リンパ節疾患は、がんが原因の可能性があります。 BRCA基因檢測香港がんを発症すると、患者さんの免疫機能が低下します。 持続的な免疫不全の最も一般的な症状は表在性リンパ節腫脹であり、患者は脇の下や鼠径部などにリンパ節腫脹の証拠を見つけることがある。

したがって、我々は学生が癌が存在することができるかどうかを理解するために実施する必要があるこの行動症状を検出すると、それは特定の癌が継続的な経済発展である場合は、明らかに表在性リンパ節の肥大を防ぐために自分の抵抗力を向上させた後、すぐに治療する必要があります。

4、疲労感や脱力感は一目瞭然

一般的ながん患者さんでは、体が変化した後に多くの人が悩む症状である「体の疲れ」がより顕著に現れます。 癌プロセスの健康への脅威は、簡単に栄養不足につながるので、タイムリーに正常な栄養を提供することはできませんが、一般的なパフォーマンスは、弱い抵抗であり、さらには脱力感や疲労感です。

このような環境の変化が常にあるということは、がんが発生している可能性があり、その特定の種類のがんに対して治療を開始することで、防止癌症復發学生の身体を健康な状態に戻し、疲労感や脱力感を軽減させることができるはずです。

がんは突然そこにあるわけではない、これらの5つの症状は、あなたを思い出させるかもしれません

5.食欲不振

がんの発生中、一般的な症状は食欲不振であり、これはがん発生のシグナルである可能性があります。 これは、がんが出現した場合、患者さんの消化機能にも影響が出るためで、特に消化器系の腫瘍が出現し、局所のがんが重症化している場合は、明らかに消化管にダメージがあるため、食欲不振になることが多いです。 普段からこの症状に気付いている人は、がんに注意を促し、食欲不振を防ぐために治療を開始する必要があります。

其他推荐:

減肥餐單

↑このページのトップヘ